熱に強い酵素ドリンクをランキング形式でご紹介しています。酵素は熱に弱いので、耐熱性の高い酵素でなければ思ったような効果が得られません。そこで、耐熱性に優れたおすすめの酵素を厳選しました。熱に強い酵素なので、効果を実感しやすいですし、ホットでもお楽しみいただけます。

熱に強い酵素ドリンクを選ぶときの注意点

必ず注目しておきたい3つのポイントとは?
耐熱試験をクリアしているものを選びましょう
酵素ドリンクの多くは清涼飲料水に属していますが、清涼飲料水は「85度で30分の加熱殺菌」が義務付けられています。酵素は70度で失活してしまいますので、ほとんどの酵素ドリンクに含まれる酵素は生きていないはずです。ですから、熱に強い酵素を独自に開発し、耐熱試験に合格した酵素ドリンクを選ぶということがとても重要となります。
耐酸性試験をクリアしているものを選びましょう
酵素は熱だけでなく、酸にも弱いといわれています。ですから、胃に入ってくると胃酸に負けてしまい、結局失活してしまいます。したがって、酵素の効果を実感するためには胃酸に負けない酵素を使用しているものを選ぶ必要があります。それを見極めるためにも耐酸性試験に合格しているものを選ぶべきです。
低分子化しているものを選びましょう
熱や酸に強い酵素を使用していたとしても、最終的にはしっかりと体に吸収されなければ意味がありません。しかし、多くの酵素ドリンクに使用されている酵素は分子が大きいため吸収力が高くありません。したがって、低分子化されて吸収力を高めているかどうかをしっかりと確認することが十巻力を高めるポイントとなります。

熱に強い酵素ドリンクランキング

ローヤルエンザミン酵素
熱に強い酵素を独自に開発し配合している酵素ドリンクです。耐熱試験121度をクリアしているので、熱湯の中に入れても酵素は生き続けていることが証明されています。また、耐酸性試験Ph.1.2をクリアしているので、胃酸ににも負けずに酵素が生き残って効果を発揮してくれます。さらに、特殊製法により低分子化しているので、吸収力も高く、酵素の力を存分に実感することができます。
熱に強い:◎ 酸に強い:◎ 低分子化:◎
優光泉
60種類にも及ぶ九州産の野菜を熟成発酵させた酵素を使用した酵素ドリンクです。エリカ健康道場を主催しているファスティングの専門家が開発しているという特徴があります。完全無添加で水や糖類も一切使用していません。植物を熟成発酵させたエキスを100%使用しているところが魅力となっています。ただし、耐熱・耐酸などの試験はクリアしていません。
熱に強い:× 酸に強い:× 低分子化:×
ベルタ酵素
165種類の酵素をたっぷりと使用した酵素ドリンクです。酵素だけでなく、ヒアルロン酸やプラセンタなどの美容成分を配合しているところがポイントとなります。健康面と美容の両方にこだわりたい方にはおすすめできます。ピーチ味で飲みやすさにこだわっているところも注目ポイントです。こちらも耐熱・耐酸などの試験はクリアしていません。
熱に強い:× 酸に強い:× 低分子化:×
ベジライフ酵素液
野菜・野草・果物・海藻類など90種類もの原料を熟成発酵させて作られた酵素を使用した酵素ドリンクです。糖類は使用されていませんが、保存料として安息香酸Naが使用されているところは注意が必要です。レコーディングノートなどダイエットに便利なアイテムが不足しているので、ダイエットしたい方におすすめです。熱対策などは行われていません。
熱に強い:× 酸に強い:× 低分子化:×
毎日酵素
高級原料であるメシマコブ・霊芝を使用した酵素ドリンクです。5年間+3ヶ月という2段階の熟成発酵製法を採用しているところがポイントです。天然ココナッツを使用しいているので、ココナッツ風味の味わいを楽しむことができます。無添加・無農薬にこだわっているところも安心ポイントといえます。耐酸性などに関しては特に何も行われていません。
熱に強い:× 酸に強い:× 低分子化:×

実際に試したからわかる!熱に強い酵素ドリンクで最も実感力に優れているのはこちら

自信を持っておすすめできるのは「ローヤルエンザミン酵素」です!
耐熱試験をクリアした酵素を使用
⇒ ローヤルエンザミン酵素は耐熱試験121度をクリアした酵素「エンザミン」を使用しています。エンザミンは納豆菌類を強化し開発したAK菌からできた酵素です。121度の熱にも耐えられるので、熱湯に混ぜても酵素が生きた状態を保てるという点が魅力となっています。実際にお湯割りで何度も飲んでみましたが、実感力が衰えている感じはなく、酵素のパワーを実感できました。
耐酸性をクリアした酵素を使用
⇒ ローヤルエンザミン酵素に使用されている酵素は、耐酸性試験Ph.1.2をクリアしています。耐酸性に優れているので、胃酸に負ける心配もありません。ですから、生きた状態のまま体内に浸透するというメリットがあります。多くの酵素ドリンクは胃酸に負けて体内に浸透する頃には生きた状態ではないので、耐酸性試験をクリアしたローヤルエンザミン酵素は生きた酵素を体に届けることができる唯一の酵素ドリンクといえます。
特許製法で低分子化を実現
⇒ ローヤルエンザミン酵素は特許製法により分子量を極小サイズに低分化した酵素を使用しています。低分子化しているので、体に吸収されやすいという特徴があります。熱や酸に耐えて腸までたどり着いた酵素がしっかりと体内に吸収されていくので、酵素のパワーを実感しやすいところが魅力です。実際に試してみて即効性があるのを実感できました。

耐熱性・耐酸性・低分子化を実現した酵素を使用した酵素ドリンクは「ローヤルエンザミン酵素」だけ!